遺言書の作り方について

作成が難しいイメージのある遺言書。「間違ったものを作ると使い物にならない」という話もよく耳にします。せっかくですからきちんと作り方を学んで、効力のあるものを残しておきましょう。
まず文面は全て自分で書きましょう。消えないボールペンなどで自筆で作成するのです。ワープロやパソコンなど機械に頼ったり、メールなどで仕上げるのはもってのほかです。また自分以外の家族に書いてもらったりするのも無効になります。もしも字に自信が無くても、丁寧に自分で書いて仕上げましょう。これは偽造を防ぐという意味もあります。


炎04
万が一、身体的な理由などで自分では作成できないという方は「公証人」に作成してもらう「公正証書遺言」というものもあります。
さて、文面の最初には「遺言書」と記載しましょう。そして日付は必ず、何年の何月何日という細かい部分まで記入します。この日付を入れる意味は、もしも複数の遺言書を作成していた場合に一番新しいものが優先しされるので、どれが一番新しいものなのか判断するためです。次に文面の最後には、署名プラス実印での押印が必要です。間違えたら訂正印を押しての訂正も可能ですが、できれば最初から書き直しましょう。最後に封筒に入れて封をした後、押印に使った実印で封印をしましょう。これも偽造などを防ぐ意味があります。
封筒の表には「遺言書」と記入し、封筒の裏には作成日と署名、押印をします。遺族が発見した際には、その場で開封してしまわないように「開封せずに家庭裁判所に提出すること」と書き、わかりやすい場所に保管しましょう。もし開封してしまった場合、効力は失わないまでも最高5万円以下の過料となることがあります。

コメントは受け付けていません。