立会人の役回りについて

遺言書には幾つか種類があり、その中でも一般的な普通方式遺言については「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の三種類があります。そのうち、遺言の作成で立会人を必要とする遺言については、後者の「公正証書遺言」と「秘密証書遺言」の二つです。


}PgžxQ

この立会人の役回りについては証人としての役割があり、遺言者本人が自己の意思に基づいて遺言書を作成して間違いないことを公に証明するためのものです。ただこの立会人には誰でもなれるものではなく、利害関係人や法律行為自体を行なうことが出来ない未成年者はなることが出来ません。

これについては民法第974条に詳細を規定しており、それによると未成年者、推定相続人、受遺者及びその配偶者並びに直系血族、公証人の配偶者、4親等内の親族、書記及び雇い人となっています。もしこれらの方が立会人になった場合には、遺言自体が無効となります。

大抵は信頼できる友人夫妻、弁護士や司法書士、税理士などがなりますが、必ずしも誰しもが立会人になれる人を簡単に見つけることが出来るわけではないので、もし仮に見つけることが出来ない場合は、公証役場で紹介を受けることも可能です。なお遺言に書かれることは利害が絡むことでもありますので、その内容の秘密を厳守することが出来る信頼ある方にお任せするのが適切でもあります。

コメントは受け付けていません。