公正証書遺言とは

公正証書遺言とは、公証役場で公証人に作成してもらう遺言のことです。この要件は民法969条に定められています。公正証書遺言が完成するまでの流れを説明すると、まず、公証役場において、遺言者と二人の証人の立会いのもと、公証人が遺言者が口述した遺言を書いて作成します。


花火01立ち会う証人を二人にするのは、遺言者の真意を確保するためです。その後、公証人が遺言者と二人の証人に確認をとるため、遺言書を読み上げるか閲覧させます。確認できたら遺言者と二人の証人がそれぞれ遺言書に署名、捺印します。最後に公証人が正規な手続きで遺言書を作成したことを付記し、署名、捺印して完成になります。作成された公正証書遺言の原本は、公証人が保管するので紛失や偽造の心配はありません。また、遺言者には原本と同一の効力を有する正本が渡され、もし正本を紛失しても再交付を受けられます。公証人は、遺言を作成するにあたり、適切なアドバイスをして遺言者にとって最善と思われる遺言書の作成を手助けします。字を書けない人や耳の聞こえない人等でも遺言書を作成することが可能です。家庭裁判所の検認手続きも必要なく、簡単に執行することができます。このようなことから、公正証書遺言は、自筆で作成する遺言書よりも証拠力が高く、確実に作成することができる遺言であると言えます。

コメントは受け付けていません。