遺留分と配偶者の兄弟姉妹の関係について

自分の財産は、遺言書を書いておけば自由に相続させる人やその分配方法を決めることができます。通常は、配偶者や子供に相続の権利がありますが、遺言書で他人や別の血縁者に譲ることもできます。極端な話では、妻や子供に財産を一切残さずに愛人に相続させることも可能になってきます。それを全面的に認めてしまうと、配偶者や子供が生活に困る可能性もでてくるため、本来もらえるはずだった遺産の何割かを請求できる権利が民法で認められています。


}PgžxQこの権利のことを遺留分といいます。遺留分の権利は、すべての法定相続人に認められているわけではなく、配偶者と子供や親などの直系の血縁者になっています。兄弟姉妹にはこの遺留分が認められていません。相続問題でよくあるパターンとしては、子供がいない場合の相続トラブルです。子供いない夫婦のどちらかが亡くなった場合は、亡くなった人の親が生きている場合は残された妻(または夫)が3分の2で親が3分の1を相続できます。親がすでに死んでいる場合は、4分の1を亡くなった妻(または夫)の兄弟姉妹に渡す必要がでてきます。遺言書で妻(または夫)に財産を全て残すと遺言書に書いておかないと、夫婦で築き上げた財産の一部を義理の親や兄弟姉妹に奪われることもでてきます。

コメントは受け付けていません。