遺留分と配偶者の子供について

もし夫が自分に不利な遺言状を残して亡くなってしまったら、法定相続人である妻と子供は困ってしまいます。通常であれば、被相続人の配偶者と子は半分ずつ相続できることとなりますが、遺言状で被相続人は法定相続人以外に相続させることも有効です。このまま泣き寝入りしてしまうと、これからの生活に支障をきたしてしまう恐れがあります。そこで、遺留分という権利が救済の方法として身近にあります。


}PgžxQ相続出来ない配偶者、子、直系尊属に対して、相続分よりは少ないけれども決められた範囲内で財産を確保できるというものです。これは自動的にもらえるものではなく、こちらから遺留分減殺請求という形で積極的にアピールしなくてはなりません。相続分は妻と子は半分ずつですが、これをもらえないとなると遺留分として相続分の半分を各々もらえることになります。子が複数人いれば、相続分の半分を子の数で割って均一に分けます。子が養子などで血のつながりがない場合でも同様です。
相続はあらかじめ放棄することができませんが、遺留分は家庭裁判所の許可によりあらかじめ放棄出来ることになっています。遺留分を放棄したからといって相続までもなくなるというものでありません。

コメントは受け付けていません。