遺留分とは

遺留分とは、法定相続人が相続対象外となった時に効果を発する権利です。遺言書などで亡くなった被相続人が法定相続人以外の者へ全財産を遺贈することを約束してしまった場合、法定相続人である配偶者、子供、親は困ってしまいます。それを救済する方法として遺留分という制度があります。


街
遺言書のない相続であれば、配偶者、子供、親、兄弟が対象となりますが、この遺留分の効果は兄弟は対象外となります。割合としては配偶者と子供は相続の1/2、親など直系尊属は相続の1/3です。ちなみに相続の割合は配偶者のみは全額、配偶者と子供であれば1/2ずつ、配偶者と親は2/3:1/3、配偶者と兄弟は3/4:1/4となります。額は通常の相続よりは低いものですが、全くのゼロからすると頼りになる法律です。
これは権利ですので、相続対象外となった時にどうするか選ぶことが出来ます。必要ないとなれば放棄も可能ですし、必要であれば遺留分減殺請求という形で自分のもらえる範囲の財産を取り戻します。相続の場合あらかじめ放棄することはできませんが、遺留分は家庭裁判所の許可を得たら相続開始前に放棄することが出来ます。放棄したからと言って相続を受けられないことにはならないので注意です。

コメントは受け付けていません。