遺留分減殺請求とは

遺留分とは、遺言などにより相続を受けることができなかった者へ与えられる救済の権利です。遺留分権利者には相続と違い、兄弟姉妹は含まれません。直系尊属のみであれば相続分の1/3、それ以外の相続人であれば相続分の1/2をもらうことが出来ます。ただし自動的に遺留分がもらえるというものではないのでく、自らの意思で請求しなければなりません。これを遺留分減殺請求といいます。遺言なしの相続分よりは少ないものとなりますが、全く相続分がないとなると配偶者などは直接生活に支障をきたしてしまう恐れがあるので、この救済方法は活用できる身近な権利です。


}PgžxQ
相続は事前に放棄できませんが、この遺留分減殺請求は事前に放棄が可能です。家庭裁判所の許可を得なければならないのですが、遺留分減殺請求をしたからといって相続が無しとなるものではありません。もし遺言などによって相続出来ないことになった場合に遺留分がなくなるのであって、当たり前に相続できるのであればその分をしっかり相続できます。
ちなみに相続分は配偶者と子であれば1/2ずつ、直系尊属と配偶者であれば1/3:2/3、兄弟姉妹と配偶者であれば1/4:3/4で、配偶者と子が生活のパートナーなので多くもらえるようになってます。

コメントは受け付けていません。